仮想通貨の投資はどうして儲かるのでしょう??

仮想通貨の投資はどうして儲かるのでしょう??


仮想通貨の投資はどうして儲かるの


私たちは普段、法定通貨である円やドルなどを用いて物を売り買いしていますが、

今は新たな決済方法として、法定通貨以外にビットコインのような仮想通貨を用いて物を購入したりしています。

最近ではニュースで仮想通貨の価格が話題となり、去年末には1ビットコイン、200万円代にまで昇って行きました。

そもそも仮想通貨はなぜそんなに高いレートで取引するようになったのか。

さらに法定通貨とどんな違いあるのかを知ることによって

仮想通貨投資が儲かる仕組みがわかるようになります。


ビットコインの希少性


ビットコインの希少性


法定通貨である円やドルは中央金融機関が法定通貨の量を決めています。

つまり日本だと中央機関である日本銀行が発行数量を決定して、

市場に円を流すようにしています。

そのため、これぐらいの数量でと制限がないことから、

限りなく発行する事が可能であるために日本銀行がコントロールするようにしています。

しかし、ビットコインは基本2100万枚と決められているために

それ以上増やすことが出来ない設計となっています。

そのために人々がビットコインが欲しいと取引をするのであれば、

レートは上がっていきます。

去年はビットコインを購入したい方が増えてきたことからレートが一気に上がっていき、

限られた数量で取引するためにビットコインの価格が高くなりました。


ブロックチェーン


ブロックチェーン


ビットコインはP2Pネットワークによる分散管理されているために、

実物での紙幣が偽札として出回るようなリスクを抑える効果があります。

分散管理されているためにデータが改ざんされたとしても

改ざんされた場所を特定できるために第三者による不正が行なわれる事もありません。

さらに正しい取引がなされているかをブロックごとに連結してる記録するネットワークとして

ブロックチェーンを採用しているためにセキュリティ面においても優れていると言えます。


仮想通貨の利便性


仮想通貨の利便性


仮想通貨は法定通貨より利便性が高く、

セキュリティも高いために将来利用する方が増えてくるだろうと予測されます。

通常相手にお金を送金する時には銀行で振込指示をして、

手数料を払い送金する方法をとっていますが、仮想通貨であれば、

ネット上に相手のアドレス先にいくらと指定するだけで簡単に送ることができます。

送金手数料については仮想通貨によってまちまちですが、

それでも銀行の振込手数料よりかは割安となっています。

P2Pでの個人間でやりとりできることから銀行のような金融機関に任せる必要もありません。

利便性においても仮想通貨が優れているために人々が使ってみたいと思うようになっています。



まとめ


まとめ


ビットコインは発行量が2100万枚と決められているために

ほしいと思われる方が多ければ、その分レートも上がっていきます。

しかし、レートが急激に上がった去年の状態は儲かると言うだけ

にの噂が世界中でささやかれたこともあって、投機的流れが強かったと思われます。

仮想通貨は儲かると言うよりかはほしいと思う方が取引をすることで

レートが上がるために保有しているだけで儲かるわけではありません。

金融機関を通さずにP2Pの個人間にやり取りでの利便性で

使う方が増えることで対象となっている仮想通貨のレートが上がり売却する事で儲かります。

この仮想通貨に需要があるかを見定めることで、

購入したよりかはレートが上がることで儲かると言う流れになることを理解しておく必要があります。


仮想通貨はもう遅い?乗り遅れを取り戻す購入方法、取引所を紹介! ページトップ

FX業者