仮想通貨はリスク分散に。金融危機対策や金の代役

仮想通貨はリスク分散に。金融危機対策や金の代役


仮想通貨はリスク分散に。金融危機対策や金の代役


通常の通貨より便利な仮想通貨を、

利用する人は世界中で増えてきています。

しかし仮想通貨にはリスクもあり、

利用する際は注意しておかなければなりません。

仮想通貨のリスクにはどんなものがあるのかを紹介します。



・利用者自身が原因によるリスク



利用者自身が原因によるリスク


投資として人気のある株式投資は、

料金を証券会社に預けて購入します。

そして購入した金融商品を自分の手元に置くことなく、

パソコンやスマホなどで保有額などをチェックできます。

一方で、ビットコインを始めとした

仮想通貨はその内容が大きく異なります。

仮想通貨は、自分で購入した通貨を手元で保有できます。

具体的な内容としては、

自身のパソコンやスマホなどにウォレットというプログラムをインストールし、

そのアプリに仮想通貨を送って保管します。

仮想通貨というのは株式投資などと大きく異なりますが、

その分リスクも増えてきます。

自己管理のため、

保有している時に仮想通貨を失うリスクがあるのです。

リスクの原因としては以下の点が考えられます。


パソコンやスマホの破損


■パソコンやスマホの破損

■秘密鍵、パスフレーズなどの消失

■ウィルスに感染



パソコンやスマホは一度破損してしまうと、

データの復活は困難をきわめます。

さらにウィルス感染や秘密鍵を忘れるリスクもあり、

このような事態になると手元に保存している自身の仮想通貨が使用できなくなります。

それらを防止するためにも、利用する際は細心の注意を払うようにしてください。


・取引所のリスク


取引所のリスク


仮想通貨のリスクは取引所でも起こります。

取引所では利用者の仮想通貨を預かりますが、

その所有権はユーザー自身にあります。

しかし仮想通貨を取り扱うという観点から見ると、

取引所では様々なリスクに巻き込まれる可能性が含まれています。

例えば取引所の管理者が顧客の仮想通貨を盗んだり計画倒産したりなど、

犯罪的なリスクとして考えられる点もあるでしょう。

これはかなり稀ですが、ひと通り頭に入れておきましよう。


・資産の分配をしておきましょう


資産の分配をしておきましょう


仮想通貨には、値動きによるリスクもつきものです。

投資目的で仮想通貨を購入する人が多いと思いますが、

投資にはリスクがついて回るからです。

この点をしっかり把握しておき、

日頃から株式や金など資産の分配をしっかりしておくことが大切です。


金融資産としての価値もある仮想通貨ですが、

上記に挙げた例を見るだけでも様々なリスクが考えられます。

そのため日頃から資産の分配をしておくなど、

自身のリスク対策は重要です。

仮想通貨はまだ始まったばかりのため、

しばらくは自ら対策を講じておくに越したことはありません。


仮想通貨はもう遅い?乗り遅れを取り戻す購入方法、取引所を紹介! ページトップ

FX業者