仮想通貨のICO(Initial Coin Offering)とは?

『ICO(Initial Coin Offering)とは?』


仮想通貨のICO(Initial Coin Offering)とは?

仮想通貨の関連ニュースなどでよく聞く言葉のICOとは、

新事業やプロジェクト開発などに必要な資金を、

仮想通貨やそのテクノロジーを使って集める資金調達方法のことです。

イニシャル(I)・コイン(C)・オファリング(O)の略で、

「新規にコインを公開する=新規仮想通貨公開」という意味です。

誰でも簡単に資金集めができる方法として注目を集めていますが、

ICOをめぐってはさまざまな問題も発生しています。

ICOの良い面、悪い面を見てみましょう。


【ICOはどうやって行う?】



ICOはどうやって行う?


ICOでは、事業資金が必要な企業や個人が、

事業計画の将来性を投資家に買ってもうために独自のトークンを発行します。

ICOで発行されるトークンは、

仮想通貨のテクノロジーを使って作られます。

ですからトークンの扱いは仮想通貨とほぼ同じで、

販売などのやり取りもインターネット上だけで行われます。

ICOをするためには、ホワイトペーパーという計画書を準備し、

ネット上で公開する必要があります。

ホワイトペーパーには詳しい開発計画や資金の用途、

トークンの発行枚数量や使い道などを詳しく明記します。

ホワイトペーパーを通じてより多くの人にアピールできるかによって、

どれだけ多くの資金が集められるかが決まります。

ICOで発行されるトークンは、

開発予定の商品やサービスと交換できるものが多く、

中には株のように配当などをもらえるトークンもあります。

また、仮想通貨取引所に上場される場合もあります。


【ICOのすごいところ】


ICOのすごいところ


ICOは新しい資金集めの手段として、

世界中で注目を集めています。

ICOのいいところは、

誰でも比較的安く簡単に資金集めができることです。

資金力がない会社や個人でもICOを行うことができます。

インターネット上でできるので手軽で、

ICO開始までにかかる時間も短く済みます。

投資家も世界中から応援したい事業を探し出して、

いろいろな国のICOに参加することができます。


【ICOの危ないところ】


ICOの危ないところ


ICOはノウハウさえあれば誰でも簡単にできます。

そのためICOの仕組み自体が悪用される場合が多くあります。

資金だけ集めて開発が行われなかったり、

主催者が資金を持ち逃げしたりする場合もあります。

そのような詐欺ICOのケースでは、

購入したトークンの価値はゼロになってしまいます。


【ICOに必要なこと】


ICOに必要なこと


世界にはICOを完全に禁止している国がある一方で、

ビジネスの育成と投資家保護の両観点からの規制を検討している国もあります。

ICOが正しく行われれば、

新ビジネスや開発の発展に大いに役に立つでしょう。

そのために必要なのは、

ICOの詐欺や悪用を防ぐ適度なレベルでの規制ではないでしょうか。


仮想通貨はもう遅い?乗り遅れを取り戻す購入方法、取引所を紹介! ページトップ

FX業者