仮想通貨のICO(Initial Coin Offering)とは?

『ICO(Initial Coin Offering)とは?』


仮想通貨のICO(Initial Coin Offering)とは?

仮想通貨の関連ニュースなどでよく聞く言葉のICOとは、

新事業やプロジェクト開発などに必要な資金を、

仮想通貨やそのテクノロジーを使って集める資金調達方法のことです。

イニシャル(I)・コイン(C)・オファリング(O)の略で、

「新規にコインを公開する=新規仮想通貨公開」という意味です。

誰でも簡単に資金集めができる方法として注目を集めていますが、

ICOをめぐってはさまざまな問題も発生しています。

ICOの良い面、悪い面を見てみましょう。


【ICOはどうやって行う?】



ICOはどうやって行う?


ICOでは、事業資金が必要な企業や個人が、

事業計画の将来性を投資家に買ってもうために独自のトークンを発行します。

ICOで発行されるトークンは、

仮想通貨のテクノロジーを使って作られます。

ですからトークンの扱いは仮想通貨とほぼ同じで、

販売などのやり取りもインターネット上だけで行われます。

ICOをするためには、ホワイトペーパーという計画書を準備し、

ネット上で公開する必要があります。

ホワイトペーパーには詳しい開発計画や資金の用途、

トークンの発行枚数量や使い道などを詳しく明記します。

ホワイトペーパーを通じてより多くの人にアピールできるかによって、

どれだけ多くの資金が集められるかが決まります。

ICOで発行されるトークンは、

開発予定の商品やサービスと交換できるものが多く、

中には株のように配当などをもらえるトークンもあります。

また、仮想通貨取引所に上場される場合もあります。


【ICOのすごいところ】


ICOのすごいところ


ICOは新しい資金集めの手段として、

世界中で注目を集めています。

ICOのいいところは、

誰でも比較的安く簡単に資金集めができることです。

資金力がない会社や個人でもICOを行うことができます。

インターネット上でできるので手軽で、

ICO開始までにかかる時間も短く済みます。

投資家も世界中から応援したい事業を探し出して、

いろいろな国のICOに参加することができます。


【ICOの危ないところ】


ICOの危ないところ


ICOはノウハウさえあれば誰でも簡単にできます。

そのためICOの仕組み自体が悪用される場合が多くあります。

資金だけ集めて開発が行われなかったり、

主催者が資金を持ち逃げしたりする場合もあります。

そのような詐欺ICOのケースでは、

購入したトークンの価値はゼロになってしまいます。


【ICOに必要なこと】


ICOに必要なこと


世界にはICOを完全に禁止している国がある一方で、

ビジネスの育成と投資家保護の両観点からの規制を検討している国もあります。

ICOが正しく行われれば、

新ビジネスや開発の発展に大いに役に立つでしょう。

そのために必要なのは、

ICOの詐欺や悪用を防ぐ適度なレベルでの規制ではないでしょうか。







トークン仮想通貨のICOとは何のこと?


トークン仮想通貨のICOとは何


仮想通貨の記事を読んでいるとICOと言う言葉が目に留まります。

実際ICOとはどんな意味なのか詳しくお伝えします。


ICOとはどんな意味?


ICOとはどんな意味?


ICOとは「Initial Coin Offering」の略語で、

クラウドセール、トークンセールと呼ばれる事もあります。

今はICOと呼ぶ方法が一般的となっています。

仮想通貨でのICOは仮想通貨を発行し、

それを販売することや開発費や研究費と調達する方法になります。


株式やクラウドファンディングとの違い


株式やクラウドファンディングとの違い


株式や最近、資金調達として注目されるクラウドファンディングとは少々違う特徴があります。

株式についてですが、株式は会社側が株券を発行し

購入してもらうことで資金調達するIPOと同じような意味合いを持っていますが、

株式は株主優待や議決権があるのに対し、

ICOはそのような権利は発生しません。

クラウドファンディングは、

プロジェクトに応援しようと考えている方が実際1口いくらと言う形で購入する事で参加し、

プロジェクト側は見返りに粗品やイベントに参加していただくなどをします。


ICOの特徴


ICOの特徴


ICOの特徴は、購入する側が購入した後に高騰するのであれば、

購入時に比べて価値が上がるために利益に結びつくこととしてメリットがあります。

そしてICO発行する立場の企業やプロジェクト側は資金調達ができ、

研究費やプロジェクトを前進することにも繋がります。

一定の成果が上げられる事でトークン価値を上げることで

発行した仮想通貨に価値を与えることにもなるために

さらに仮想通貨を欲しい投資家同士で売買が活性化されていきます。

発行する立場の者は株式などの発行するための上場する審査が無く、

手数料やコストに費用を掛けることが無いために資金調達として便利な手段とも言えます。


ICOとはまとめ



ICOとはまとめ


ICOは資金調達の手段として発行側と購入側を結びつける1つの手段となっていますが、

最近ではこのICOによる詐欺まがいのことが問題になっていることも懸念材料となっています。

発行する側が募集した後、資金調達した後に資金だけをいただいて、

その後連絡が取れないこともたびたび噂されるために

ICOの販売がされる時には慎重に見極めて購入する必要があります。

発行側としても購入していただく投資家に対してどのようなビジョンがあって

このICOがあるのか明確にしていく必要があります。

ICOをしっかり見極めることで、

将来高騰する仮想通貨になる可能性があるためにICOは今でも魅力のある投資分野と言えます。


仮想通貨はもう遅い?乗り遅れを取り戻す購入方法、取引所を紹介! ページトップ


仮想通貨の価格はまだまだ上昇する、その背景や理由を紹介
仮想通貨は値上がり幅が大きい!(ただし値下がりも大きい!)
仮想通貨はまだ発展途上。市場拡大の見込み有り
仮想通貨の投資はどうして何故儲かるのでしょう
仮想通貨の市場規模はまだまだ拡大するの!?
もう遅い?まだまだ仮想通貨で億り人になれる理由!
メジャーな仮想通貨は伸び代の期待が小さい?
仮想通貨にはたくさんの種類がある。それぞれの特徴は?
仮想通貨はドルコスト平均法で自動積立投資がおすすめ
メジャーな仮想通貨は既に高止まりの可能性大。マイナーな仮想通貨を手に入れよう。
アルトコインを購入して、じっくり待つ!うまくいけば一攫千金!
アルトコインはリスクが高いのでしっかり分散して、無理せず少額に。
仮想通貨は価格の上下変動が激しいが、その分上昇幅は誰にも予想できない!
仮想通貨で大きく稼ぐならICOは必須!
仮想通貨のICO(Initial Coin Offering)とは?
トークンとは?仮想通貨との違いは?
トークンの一例。可能性を秘めたZAIFトークン
仮想通貨は大損するケースもあるので、十分に対策を。
仮想通貨詐欺に注意しましょう!
仮想通貨の大暴落対策。大暴落したら大チャンス!
仮想通貨を買うなら取引所で購入しよう。販売所と取引所の違いは?
仮想通貨や株で、上昇の波に乗り遅れた場合の対処法
仮想通貨の盗難補償サービス
仮想通貨のセキュリティについて
仮想通貨の一般知識集。購入前にしっかり理解を。
仮想通貨と電子マネーの違い
仮想通貨には通貨としての価値がある。その理由は?
仮想通貨は海外への送金が簡単で手数料もメリットあり!
仮想通貨は海外でも使用可能。外貨との両替も不要
仮想通貨はリスク分散に。金融危機対策や金の代役
仮想通貨取引所毎の取引量
仮想通貨と株の違い
仮想通貨をクレジットカードで購入するメリットやデメリット
仮想通貨のデメリットやリスクについて
仮想通貨で買い物や支払いをする
ブロックチェーンて何?ブロックチェーンとは仮想通貨の基盤技術
仮想通貨の分裂について。何故分裂する?分裂したのに資産が増える?
仮想通貨のマイニングについて
仮想通貨の公開鍵と秘密鍵とは??
仮想通貨と法定通貨の違い
FX業者