仮想通貨にはたくさんの種類がある。それぞれの特徴は?

『仮想通貨にはたくさんの種類がある。それぞれの特徴は?』


仮想通貨にはたくさんの種類がある。それぞれの特徴は?

ニュースなどでも話題になっている仮想通貨ですが、

あまりにも話題を呼んでいるため気になっている人もいると思います。

この仮想通貨には、様々な種類があることで知られています。

仮想通貨の種類と特徴を紹介します。



・ビットコイン「Bitcoin」


ビットコイン「Bitcoin」


仮装通貨と言われれば、おなじみなのがビットコインです。

ビットコインは数ある仮想通貨の中でも、最初に誕生した通貨です。

仮想通貨市場における中心的な存在でもあり、

通貨全体の約60%ものシェアを占めています。

この通貨はデータの改ざんが難しいことでも知られており、

発行数には上限があります。

一般的な通貨のように、

中央管理者が存在しないのも大きな特徴と言えます。

元は実体がないデータからスタートしましたが、

基礎となる技能に優れており、

さらにその仕組みの多様性から

通貨としての信頼性を得られるまでに成長してきました。

ビットコインはブロックチェーンという技術がベースとなっており、

これが他の仮想通貨にも及んでいます。

また仮想通貨以外でも、

数多くの分野での応用が期待されています。


・ビットコインキャッシュ「BitcoinCash」


ビットコインキャッシュ「BitcoinCash」

ビットコインキャッシュというのは、

2017年8月1日にビットコインから派生して生まれた仮装通貨です。

ビットコインには送金時間が長いことや

スケーラビリティなどが問題になっていましたが、

それらのデメリットを改善したのがビットコインキャッシュです。

ビットコインと比べた場合、

現段階ではビットコインキャッシュの方が手数料は安く、

送金速度も速くなっています。



・イーサリアム「Ethereum」



イーサリアム「Ethereum」


イーサリアムは取引記録だけでなく、

契約の記録もブロックチェーン上に書き込めるのが特徴です。

また他の仮装通貨と比べ、

次世代プラットフォームとして話題を集めています。

イーサリアムは決済手段としても使用されますが、

今後は様々な場面での活躍が期待されている

スマートコントラクトの技術的基盤も目指しています。

現在はイーサリアムを基にして、

数多くのサービスが開発されています。

どちらかと言えば、

日本より海外で人気の高い仮装通貨と言えます。

他にもイーサリアムクラシックやネムなどがあり、

これに仮想通貨を利用すれば様々なことを行えます。


・まとめ


まとめ


ビットコインは人気の仮想通貨ですが、

この仮想通貨には様々な種類があり、

それぞれに特徴があることが分かります。

仮想通貨は元祖と言われるビットコインのブロックチェーンが基礎になっており、

今後も新しい通貨の開発が予想されます。

仮想通貨はもう遅い?乗り遅れを取り戻す購入方法、取引所を紹介! ページトップ

FX業者